商品作成までの基本的な流れ

OEM化粧品作成までの基本的な流れは以下のとおりです。

フローチャート

 わかりやすく、箇条書きで説明いたします。

まずは 「作りたい・・・ 作ってみたい」 と考えたらご連絡をいただければ専門知識を持ったスタッフがサポートいたします。
(OEM化粧品作成が初めての方、何を聞いていいのかわからないと思っている方も大丈夫です、遠慮なさらずにどうぞ!)

STEP1 【 商品企画の決定 】

まず最初に基本的な商品企画と製造予定数量を決定します。これらを決めることによって、資材の選択が出来るようになります。
一番重要な要素となって来ますので、充分に考慮した上で決定しましょう。

STEP2 【 中身(内容)の決定 】

Step1で決定した企画に基づき中身の仕様を決定します。もちろんこの時は弊社にご相談下さい。サンプルも作成いたします。

STEP3 【 包装仕様の決定 】

容器も含む包装の仕様は、制約がとても多く頭を悩ませる問題が多くあります。。
ボトルはどのボトルにするか ?
キャップはどれにするか?
ボトルのロットはいくつになるか?
キャップのロットはいくつになるのか?
シール対応にするのか?
印刷対応にするか? 
外パッケージは必要か?
シュリンクをするのか? 等 
効率よく製造する足枷となることも多々あります。私どもで在庫している容器もありますので、使うことも可能です。
こちらも是非とも弊社にご相談下さい。

STEP4 【 法的問題の解決 】

パッケージが決まると、表示を決定します。しかし表示に対する法的な規制が多々あります。弊社にてご相談下さい。

STEP5 【 出荷および在庫の問題 】

商品出荷。いつどこに送るか、倉庫に入るのかを考えます。